迷走馬主は何処へ行く

気の合う仲間と楽しく遊べれば、それで良いんです。 無理に背伸びすると疲れるだけです^^ まったり、のんびり頑張って行きます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎手育成用の競走馬の使い道

最近メイン垢では騎手育成に重点を置いていました。
一時期最大9頭が騎手育成用の競走馬が厩舎を占めていました。
おかげでようやく一人完成しました。
20060819230841.jpg


今は2歳馬の入厩の関係で4頭しか騎手育成用の枠がないですが
これからダート騎手の育成に取り組みたいと思います。

騎手育成用の競走馬ですが、今までは市販の1000万円位の馬を
適当に買い漁ってたんですが、騎手育成以外に
何か使い道ないかな~って色々考えました。


いま個人的な趣味でハイペリオン系の種馬作ってるんだけど、
時間とお金と牧場の枠の関係でなかなか上手くいってません^^;
20060819232053.jpg

ハイペリオン系の種牡馬はグリーングラスしかおらず、
遺伝:B  距離適正:長  成長:普通  
と、かなり使い勝手が悪く、いま強化版のグリーングラスが出てるけど
これも能力は良いけど遺伝がA以外魅力無いので自力で発展させた方がたぶん楽かな^^;
ハイペリオン系の生産で問題になってくるのが、お金と牧場の枠です。
とりあえず今は遺伝・成長・距離適正の3つが使い易くなるまでは
大量生産したいけど、肌馬を買うお金もあまり余裕が無く、
それ以上に2歳馬を牧場に何頭も遊ばせておく余裕もありません。
そこで考えたのが騎手育成用競走馬との両立です。
いま厩舎に騎手育成用の枠が4つあり、そろそろ2歳戦が始まったので
生産した馬を騎手育成用として年内走らせれば枠の確保が解決できます。
そして生産で使用する肌馬ですが、これは市販競走馬で1億8000万位の
牝馬を買って、即繁殖入りさせて牡馬を生ませれば資金の節約になると思います。
遺伝・成長・距離適正が満足いく値まで来たら血統・能力を意識して生産していきたいです。
まだ当分時間かかると思うけど、のんびりやっていきたいです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2歳馬近況(13S8月) | HOME | 2歳馬紹介>>

この記事のコメント

騎手1人完成したんだね^^
俺はダート騎手はほぼ完成したけど
芝騎手がまだまだだな~

騎手育成用の馬の枠が取れなくて
苦労してます^^;

しかし、また凄いことやってるな、朱雀さん^^
ハイペリオン系のいい馬作り、がんばってね!
2006-08-20 Sun 18:56 | URL | すみれ #-[ 編集]
満足できる馬が完成するのに何S掛かるか分からないけどね・・・
挫折するかもしれないけど、のんびり頑張るよ^^;

2006-08-20 Sun 23:11 | URL | 朱雀 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。