迷走馬主は何処へ行く

気の合う仲間と楽しく遊べれば、それで良いんです。 無理に背伸びすると疲れるだけです^^ まったり、のんびり頑張って行きます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

13S生産の遺産

20061130014755.jpg

13Sに生産した現4歳馬の最後の遺産のスザクコンチェルトが
栗東Sを勝利しました。
この馬、実はちょっと前までサブ垢で放置してて適当に調教してたので
調教が完璧になったのはつい最近です^^;
ちなみにこの馬も重賞馬スザクリングと同じディノチェナ産ですw
20061130015157.jpg

同じ配合の馬がもう1頭いたのですが、枠を空けたくて、捨てるつもりだったのですが
500万下くらいまでなら勝てるかも?って伝言して他の馬主に譲りました・・・ 
結果、その馬主さんが大事に育ててくれて見事4勝上げてくれました。
タイムもコンチェルトとそんなに変わらないみたいです。

そんなこんなで13Sはかなり適当に生産&調教してました。
超早熟馬で指数108で伸び白もあったのに、サブ垢で放置してたばかりに
発見遅れて調教完璧になる前にピークアウトした馬もいます・・・
20061130020209.jpg

この馬は持続だけ相馬眼で見て、持続がBという理由だけでサブ垢行きでした。
重賞を勝ったリングもスピードAで自分の中では戦力外だったので
最初は適当に調教して、途中から慌てて調教真面目にしました^^;


結局13Sは有力馬がたくさんいたにも関わらず、その馬の才能を埋もれさせてしまいました。
これは僕自身の【馬主としての相馬眼】の未熟さがもたらした結果であって
この相馬眼はたくさんの馬が犠牲になる事により、
また多くの失敗の積み重ねによって成長していくモノだと思ってます。
13Sの生産は僕自身に様々な遺産を与えてくれました。
これからはこの遺産を生かして行く事が馬主としてのレベルアップに繋がるのだと思いたいです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<重賞2勝目v | HOME | 完敗>>

この記事のコメント

わかる。
特に成長早い馬はやっちゃうこと多いね^^;
走るの気付いて脚質変更餌あげ、その放牧中に
ピークアウト・・・
未熟者ですw
2006-11-30 Thu 09:25 | URL | すみ #-[ 編集]
いろいろ新しい発見あったら、また教えてくらさい^^
2006-11-30 Thu 20:34 | URL | なおぼんぼん #-[ 編集]
すみれさん>
成長早い馬にしろ遅い馬にしろ、その馬の潜在能力に早く気づくかないと、どこかで躓くよね^^; 面倒だけど地道にフリレしないとねw

なおぼ>
いまちょっと気になる事があるので、調べてる所だよ。
でもこれ調べるのにかなりの時間と資金が必要になってくるから途中で止めるかも・・・
2006-12-01 Fri 01:14 | URL | 朱雀 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。